Workstyle

スペースの仕事

スペースのビジネスフィールド

幅広いビジネスフィールドを柔軟なチーム連携と対応力でカバーします

商業施設のオーナーも、そこを訪れた人も、そして周囲の人たちも、誰もが「笑顔」になる明日を迎えられるような空間をつくりたい。そのために必要なことはすべて、空間デザインや設計・施工の枠にとらわれずプロデュースします。

総合職とは?

スペースのカタチ

スペースを支える基本であり強みのカタチが総合職です。総合職は「打ち合わせ」から「引き渡し」までを一貫し推進することが特徴。スペースの提供価値である「お客様と、同じ想いで共に創る。」を体現する重要なポジションです。

スペースのビジネスフィールド

お客様にとってかけがえのない存在

総合職がお客様の窓口だからこそお客様との間に継続的で一貫性のあるコミュニケーションを保ち、急なご要望に対しても迅速かつスムーズな対応が可能になります。創業以来、時間をかけてゆっくりと創り上げてきたこのカタチこそが、お客様との深い信頼関係を築くための最良の方法であると私たちは考えています。

みんなゼロからのスタート

依頼される案件によって得られる経験は多種多様。実務を通して総合職のキャリアを築けるのもスペースの特徴です。最初から最後まで携わる醍醐味を味わって下さい。入り口は総合職として、同じラインからキャリアをスタート。ビジネスの始まりから終わりまでの経験を通して、あなた「らしさ」を見つけてください。

お客様のためのチームでつくる

お客様のニーズを知り尽くした総合職のチームが全てに関わります。それはまるで伴走者のように、お客様のビジネスに責任を持って推進していくことです。時には社内外のあらゆるプロフェッショナルを巻き込んでいきながらお客様の課題解決にあたります。

スペースのチーム体制

実際の案件例

GODIVA(ゴディバ)
●対応チーム: 総合職×外部クリエーター

世界初、体験型のGODIVAをここ日本から。

世界に3店舗しかない「ATELIER de GODIVA(アトリエ・ドゥ・ゴディバ)」。一粒のチョコを「アート」と表現するゴディバ創業者の想いを形にするために、ユニフォームやパッケージ、オペレーションなど、空間デザインの枠を越えたご提案を行いました。ゴディバのストーリーを体現する新しい店舗には、様々な想いが込められています。

業務範囲
  • クリエイティブディレクション
  • アートディレクション
  • 設計
  • 施工
  • サイン計画
  • VMD計画
  • サービス(オペレーション)ご提案

セノバ保育園
●対応チーム: 総合職

働くママのために、働くママがつくった保育園。

女性が安心して長く働ける環境づくりが注目される中で、新たな試みをスタートさせた複合商業施設「新静岡セノバ」。本プロジェクトに関わったのは、自身も母であるスペースの社員たち。母だからこそ生まれる視点とアイデアを活かして、新しい保育園が誕生しました。

業務範囲
  • 環境設計
  • 施工

ノースポート・モール
●対応チーム: 総合職×専門職(商環境研究所/内装監理本部/開発本部)

暮らしの笑顔を育む、まいにちが明るくなる場づくり。

都心のベッドタウンとしてファミリー層が多く住む、横浜・港北ニュータウンにある大型ショッピングセンター「ノースポート・モール」の大規模リニューアルプロジェクト。リーシング・企画設計・施工・内装監理など、あらゆる点から携わり、港北の新しいライフスタイルが生まれる場所をつくりあげました。

業務範囲
  • 設計
  • 施工
  • サイン計画
  • 内装監理
  • リーシング支援
空間づくりに対する想いを詳しく知りたい方はこちら
現場スタッフの声はこちら
新卒の方
エントリー
中途の方
エントリー